ぶくわむ

気分で書いてる読書感想blog
コメントも歓迎です。どぞー。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
2012まとめまんが編
思ったよりは漫画読んでないんですよ。
小説と半々くらいでした。
book-worm's house - 2012年01月〜2012年12月 (111作品)
powered by booklog
まとめ | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0)
2012まとめ
割と自分のためのまとめ。
book-worm's house - 2012年01月〜2012年12月 (107作品)
二都
藤谷治
読了日:01月05日
{book['rank']
ぬるい毒
本谷有希子
読了日:01月07日
{book['rank']
舟を編む
三浦しをん
読了日:01月29日
{book['rank']
水の柩
道尾秀介
読了日:01月31日
{book['rank']
箱庭図書館
乙一
読了日:02月02日
{book['rank']
営業零課接待班
安藤祐介
読了日:02月07日
{book['rank']
ネオカル日和
辻村深月
読了日:02月11日
{book['rank']
プリズム
百田尚樹
読了日:02月22日
{book['rank']
星やどりの声
朝井リョウ
読了日:02月23日
{book['rank']
ユリゴコロ
沼田まほかる
読了日:02月28日
{book['rank']
蜩ノ記
葉室麟
読了日:03月21日
{book['rank']
ピエタ
大島真寿美
読了日:04月06日
{book['rank']
ばくりや
乾ルカ
読了日:04月20日
{book['rank']
終点のあの子
柚木麻子
読了日:05月15日
{book['rank']
晴天の迷いクジラ
窪美澄
読了日:05月30日
{book['rank']
誰かが足りない
宮下奈都
読了日:06月05日
{book['rank']
PK
伊坂幸太郎
読了日:06月14日
{book['rank']
チマチマ記
長野まゆみ
読了日:07月01日
{book['rank']
ジェノサイド
高野和明
読了日:07月26日
{book['rank']
薔薇密室
皆川博子
読了日:08月24日
{book['rank']
李歐 (講談社文庫)
高村薫
読了日:08月24日
{book['rank']
11 eleven
津原泰水
読了日:08月30日
{book['rank']
短篇五芒星
舞城王太郎
読了日:09月06日
{book['rank']
七夜物語(上)
川上弘美
読了日:09月15日
{book['rank']
七夜物語(下)
川上弘美
読了日:09月17日
{book['rank']
残穢
小野不由美
読了日:09月21日
{book['rank']
powered by booklog
まとめ | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0)
人質の朗読会
小川 洋子
中央公論新社

とある外国で、日本人八人が拉致された。事件後、八人が監禁場所で朗読をしていた記録が公開されることになる。
という前提で、九人の朗読が綴られる。

第一夜 杖
第二夜 やまびこビスケット
第三夜 B談話室
第四夜 冬眠中のヤマネ
第五夜 コンソメスープ名人
第六夜 槍投げのの青年
第七夜 死んだおばあさん
第八夜 花束
第九夜 ハキリアリ

考えさせるような大きな問題や葛藤はなく、ただ純粋に物語を楽しんだ。ふと、この語り手たちはこの未来で人質になるのだ、と思い出す。しかし、語られる大切な過去はもう誰にも侵すことはできない。

コンソメスープ名人とハキリアリが一番好きな話だが、死んだおばあさんにもくすりとさせられた。
小川洋子 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0)
ふがいない僕は空を見た
連作短編集。
・ミクマリ
・世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸
・2035年のオーガズム
・セイタカアワダチソウの空
・花粉・受粉

すべて語り手を変えた短編なんですが、『ミクマリ』で主人公だった斉藤卓巳周辺の人々が関係しています。
本の番組で紹介されて興味を持ったんですが、その時しばしば、『徹底した取材に裏打ちされたリアルさがある』と言われていました。半分以上が私の知らない世界をだったのでリアルさ云々は分かりませんが、取り扱いに繊細さを要する世界が描かれていたことは確かです。
特殊な性的嗜好であったり、敢えて目を逸らしたいものが書かれているのに、これだけ嫌悪感が少ないのも珍しいなと思いました。…それはまぁ、感情移入するキャラクタがいなくて痛みを感じたりしなかったからかもしれませんが。

様々な出来事がありましたが、斉藤くんが泣き虫で優しい子だったので、読後感はあたたかでした。
他か行作家 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0)
この女
森絵都『らしい』作風やジャンルというものを私は分からないのだが、なぜだか中学生の頃に出会って以来森絵都の作品が大好きだ。

本作は、主に1994年から1995年の大阪・釜ヶ崎と兵庫県・神戸を舞台としている。語り手は日雇い労働者の甲坂礼司という男で、ある女を小説にするという依頼を受けるところが、物語の起となっている。
しかし、最初の最初、プロローグといえる冒頭で、『この女』は、とある大学教授の語り手から話を始める。まだ本編に触れる前、教授が指す人物たちを読み手はまだ知らない。当然読み進めれば割とすぐに誰なのは分かるのだが、ここがささやかにミステリのようでもあり、考えながら読むのもおもしろい。またここで、実際に起きた事件(或いは事故)にも触れており、それがどう関係してくるのかも気になる。

おもしろかった。たくさん誤字があったが、それはもしかしたら仕様なのかもしれない。

すこしネタバレ感想。
続きを読む >>
森絵都 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0)
めも。
相変わらず読書をしているのに、やはりレビュー書けてません/(^o^)\下書き放置でオワテる…

既読。
・四畳半王国見聞録
・草祭
・八朔の雪
・花散らしの雨
・想い雲
・今朝の雨
・小夜しぐれ
・江戸川乱歩傑作選
・オーダーメイド殺人クラブ
・TOKYOオリンピック物語

みをつくし料理帖シリーズがおもしろくてハマッて読んで、既刊読んでしまったのでちょっと空虚感。
最近漫画ばかり読んでます。どうも偏りますね。
| 15:04 | comments(0) | trackbacks(0)
折れた竜骨
魔術が存在する世界を舞台に据えたミステリです。

米澤穂信にハズレはないですね。どの作品も、のめりこむように読んでしまうし、必ず面白い。
本作はコメディタッチな会話のやり取りなどはあまりないですが、ファンタジィ色をつけた、一風変わったおもしろい雰囲気です。消去法でずっと疑っていた人物がいたんですが(例えば『アクロイド殺し』)、まぁ、すぐに否定されてしまうし、まったく予想のつかない展開でした。

壮大な展開は、まるで洋画を見ているみたいでした。
続きを読む >>
米澤穂信 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)
神去なあなあ日常
高校三年だった平野勇気は、親と担任に強引に就職先を決められ、東京から離れた神去村という場所で、林業に従事することになる。
本人の望みでなかったことにより、最初は嫌々ながら仕事をし、機を窺っては脱走を企てていた勇気だが、仕事を続け、覚えていくうちに、だんだんと神去村独特の『なあなあ』精神に深く親しむようになっていく。

ちょっと乱暴だったり遊び癖があったりするくせに樵の腕は天才的なヨキ、その妻みき、そしてヨキのばあちゃんが三人で暮らす家に勇気がやっかいになるのだが、
木の断面をこぐち、と呼ぶことや、成長に長い年月のかかる森林の手入れがどんなものか、物語の面白さはもちろん、そういった知識を得るのも楽しい作品になっている。また、田舎だからこそ残っている考え方や、大切にされるもの、民俗学に興味を覚える人も楽しめるのではないだろうか。
まぁつまり、私はとてもおもしろいとおもったわけです。

三浦しをん | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0)
シューマンの指
多分読了したの2月か3月だった…

装丁が気になったので借りてみました。
かつて音楽家を目指していた主人公が、その高校時代を、永嶺修人(ながみねまさと)という人物に焦点を当てながら回顧していく物語です。
シューマンの虜であり、血筋までも天才的な音楽の才能を持つ修人、そしてその傍らで修人の音楽論を聞き、修人に多大な憧れと少しの複雑な思いを寄せるのが、主人公です。
主人公は、修人がある事件を経て指を失ったということを記憶に留めているのですが、さて、過去修人に何があったのか?修人と主人公はどう過ごしたのか?どういう関係だったのか?彼等を繋ぐシューマンは、彼等にとってどういう存在だったのか?
ミステリであるという前情報を得ていてもつい忘れそうになるくらい、シューマンの解釈と修人の描写は丹念です。
しかし、最後の最後で、物語の様相は変わってしまうのです。
続きを読む >>
他あ行作家 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0)
めもめも。
レビュー書けないままたまってる〜
既読リスト。
・ぼくは落ち着きがない
・おしまいのデート
・Another
・八日目の蝉

途中。
・謎解きはディナーのあとで
・僕は秋子に借りがある

他にも途中たくさん。読みたい本がありすぎるなぁ。
| 21:50 | comments(2) | trackbacks(0)
| 1/31PAGES | >>


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Other
booklog
OTHERS
RECOMMEND

ホテルカクタス
ホテルカクタス (JUGEMレビュー »)
江國 香織
シュールなカワイイ世界。
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
ビバ☆オヤジうけ…!
西洋骨董洋菓子店 (4)
西洋骨董洋菓子店 (4) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
何度も読み返したくなる
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス) (JUGEMレビュー »)
ほった ゆみ,小畑 健,梅沢 由香里
だいすき。
あめふらし
あめふらし (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
ウヅマキ商檜の三人が大好き
猫道楽
猫道楽 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
隠語だらけだけどえろい
白昼堂々
白昼堂々 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
せつない。
天体議会(プラネット・ブルー)
天体議会(プラネット・ブルー) (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
おかしがおいしそう
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
屍鬼〈1〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
恐ろしいけど止まらない…
模倣犯〈上〉
模倣犯〈上〉 (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
オチがすばらしいと思う
SPONSORED LINKS