ぶくわむ

気分で書いてる読書感想blog
コメントも歓迎です。どぞー。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ザ・万遊記
マキメさんの作品で何が好きかって言ったら断然エッセイです。
エッセイになると森見さんと文体がちょっと似るからかもしれません(笑)。

何も考えずに読めて笑える、しかも短いものがたくさん詰まった形式なのでちょこちょこ読めるのがよい。

さて大変私事の偏見ですが、マキメさんてあんまり活発に行動するタイプには見えなかったんですよね。
そんな印象をすっきり晴らされたのが『ザ・万歩計』だったわけで、今度はどんな内容なのかしら、どこに行くのかしら、とわくわく読んだ一冊でしたが、期待を裏切らずマキメさんは今回もあちこちに足を運んでいます。
札幌に行ってみたり、スペインに行ってみたり、また、脳内妄想の奥深くへも。
そして今回も渡辺篤史への愛が溢れています。ダ・ヴィンチ誌面で追って読んでいたのにやはり笑えます。
万城目学 | 13:05 | comments(1) | trackbacks(1)
かのこちゃんとマドレーヌ夫人
今まで読んだマキメ氏の小説で、初めてモヤッとしなかった。とても好きな作品です。

かのこちゃんは六歳の女の子。
マドレーヌ夫人は外国語が話せるメス猫。
ふたつの視点のおはなし。

かのこちゃんの、子供故の真面目におかしい部分がおもしろくて、マドレーヌ夫人と玄三郎の関係があたたかくてじんわりで、笑ったり泣いたりさせられました。

ちなみにかのこちゃんのお父さんには鹿男疑惑がかかっています。

続きはネタバレ!
続きを読む >>
万城目学 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0)
鴨川ホルモー
万城目 学
角川グループパブリッシング

マキメ氏のデビュー作ですね。
文庫になったので買いました。

胡散臭く遠目に見ていた本作ですが、読んでみたらおもしろかったです。…おもしろいんだろうということは分かってたんですがね!

京大、京産大、龍谷大、立命館、四大学が闘う謎の競技、それがホルモーです。
なんですが、鴨川ホルモーはそれがメインのお話ではありません。
恋の四角関係に引っ繰り返されて二転三転します。ふふふ。

しかし、鹿男でも思いましたが、特殊な設定故に読了後も気になる箇所がある。あと、登場人物について、もう少し掘り下げた描写があってもいいのでは?と思う。
高村とか芦屋とかその他諸々。

必要ない設定はいらない、と思うのは誤りでしょうか。頭かたい?
万城目学 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0)
ザ・万歩計
万城目 学
産業編集センター
鹿男がそこまでヒットしなかったんですが、このエッセイ集はおもしろかった。いやー、笑った。
NHKの番組で初めて見たときから、なんかパッとしないイメージがあったんですが(超失礼)、すごく行動力あるんですね。海外でのおもしろおかしい体験談が多いようです。
鹿男やホルモー誕生秘話にも触れています(ちなみに私はホルモーは未読)。いろんなところでいろんなことしてるのが小説に生きてるんですね!

Gについては、私も大群を見たことがあります。忘れもしないそれは大阪のダイエー近くで見た23匹もの黒いあいつ…!(恐怖のあまり数を数えて気をまぎらわ…せなかった思い出)外で見たのは初でした。恐るべし、大阪のせせらぎ。
万城目学 | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0)
鹿男あをによし
あっとゆーまだったなー
おもしろかったです。でも、もっとおもしろいかと思ってたから、すこーしだけ、期待はずれ。(自分が悪いのね)
万城目さんは、前評判で、森見さんと文の感じが似ている、というのを見かけたことがあったんですけど、…全然、そんなことはなく。あのあたりが舞台、ってだけですね。共通点は。

物語は、大雑把に言うと、史実をもとにしたぶっとんだファンタジー。
鹿が喋ったり、鼠が喋ったり、狐が化けたり、剣道をしたり、マイシカがいたり。
出来事や背景にもってきた歴史だったりがおもしろいので、表現のしかたがもったいない気がする。偉そうにいうとね。
個人的には、狐にもうすこし出番があってほしかったな、なんてなんて。

万城目さんは以前から気になっていたのですけど、ドラマを見て遂に手が伸びました。
藤原先生が女で小川先生を好きだったりとか、リチャードの行動とか、説明が分割されてたりとか、学年主任の先生の存在が大きかったりとか、重さんが変な人だったりとか、ドラマとの相違点はいくつかあるんですが、会話文は割とそのまんまで、私的にはどちらも楽しい。
ドラマはあと一話だ!
万城目学 | 18:32 | comments(0) | -
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Other
booklog
OTHERS
RECOMMEND

ホテルカクタス
ホテルカクタス (JUGEMレビュー »)
江國 香織
シュールなカワイイ世界。
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
ビバ☆オヤジうけ…!
西洋骨董洋菓子店 (4)
西洋骨董洋菓子店 (4) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
何度も読み返したくなる
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス) (JUGEMレビュー »)
ほった ゆみ,小畑 健,梅沢 由香里
だいすき。
あめふらし
あめふらし (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
ウヅマキ商檜の三人が大好き
猫道楽
猫道楽 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
隠語だらけだけどえろい
白昼堂々
白昼堂々 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
せつない。
天体議会(プラネット・ブルー)
天体議会(プラネット・ブルー) (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
おかしがおいしそう
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
屍鬼〈1〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
恐ろしいけど止まらない…
模倣犯〈上〉
模倣犯〈上〉 (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
オチがすばらしいと思う
SPONSORED LINKS