ぶくわむ

気分で書いてる読書感想blog
コメントも歓迎です。どぞー。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
英雄の書
宮部 みゆき
毎日新聞社

宮部 みゆき
毎日新聞社

朝(あした)に一人の子供が子供を殺す世界は、夕べに万の軍勢が殺戮に奔る世界と等しい。

朝に一人の幼子が剣を収める道を知れば、夕べに数多の軍勢の進軍が止む。

(本文より)


主人公は小学生の女の子で、魔法があって、バトルがあって、使い魔がいて――なのに宮部さんのファンタジーは、なぜこうも重いんだろう。
ブレイブストーリーを読んだときも、ワタルが異世界に旅立つ場面で、やり切れなさや悲しさを感じたけど、本書ではそれを感じない箇所の方が少なかったように思う。

『英雄の書』は、〈英雄〉或いは〈黄衣の王〉についての話である。

万人が万人肯定できる事象なんて、ないだろうと思う。仮にほとんどの人間が肯定できたとして、誰か一人は、それが多数に支持されているのがただ気に食わなくて反対するかもしれない。
善悪の別は、常に主観的なもので、揚げ足は簡単に取れる。正義は優しさにも傲慢にもなりうる。
誰かの正義を通すためには、誰かの正義を見捨てなければならない時もある。

続きはネタバレ。
続きを読む >>
宮部みゆき | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0)
名もなき毒
『誰か』と、舞台と主人公が同じだということには全然気づかぬまま読了しました。(記憶まじ薄弱)
読んだのは一ヶ月以上前のことですが、『誰か』をすっかり忘れていたので覚えているうちにレビューしとこっかな、てことで。

この物語の中では、私は原田がすごく怖いです。話が通じないって、そういう人間っていうのが、すごく怖い。常識が非常識で、自分が見えていなくて、ものの見方がまったく別の人。すごく不気味。
物語の核になっている事件は、終盤ごくあっさりと解消してしまうのですが、思い通りにならぬ身内を抱えて、その身内によって自分が蝕まれていく姿がとても心苦しくて、そんなのは日常にも普通にありえることだっていうのがまたなんだか悲しかった。これは、『毒』だよなって思う。

しかし、読み進めながら、恵まれてるが故に疎まれる主人公をかわいそうだなって思っていたのですが、最後の妻の家に対する断固とした決断のところで、あ、やっぱこいつらむかつく、て思ってしまいました。…やっぱ自分が庶民だからでしょうね。
宮部みゆき | 10:12 | comments(0) | -
龍は眠る
これ、以前借りたものの忙しくて読めずやっと先日読めました。

雑誌のライターの主人公と、主にテレパス能力を持つ少年ふたりの話。

宮部さんの、超能力関係のミステリー(?)を読むのは、魔術はささやく、クロスファイアに続き三冊目かな。

感情移入してサエコにはかなりムカついたので終盤はいい気分でした(ヲイ)。『龍は眠る』というタイトルと、本文に見られる龍云々の話はあまりしっくりくる感じがなくて、少しだけがっかり(というかなんというか)に思ったんですが、オチはきれいにまとまっててすっきり。おもしろかった。
…火車が若干不完全燃焼気味だったのでほっとしました。
ただ、もう少し慎司が関わってきたらおもしろかったかなとも思ったけれど。

生駒と高坂のぽんぽんとした掛け合いが見てて楽しかった。
宮部みゆき | 21:12 | comments(0) | -
| 1/1PAGES |


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Other
booklog
OTHERS
RECOMMEND

ホテルカクタス
ホテルカクタス (JUGEMレビュー »)
江國 香織
シュールなカワイイ世界。
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
ビバ☆オヤジうけ…!
西洋骨董洋菓子店 (4)
西洋骨董洋菓子店 (4) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
何度も読み返したくなる
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス) (JUGEMレビュー »)
ほった ゆみ,小畑 健,梅沢 由香里
だいすき。
あめふらし
あめふらし (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
ウヅマキ商檜の三人が大好き
猫道楽
猫道楽 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
隠語だらけだけどえろい
白昼堂々
白昼堂々 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
せつない。
天体議会(プラネット・ブルー)
天体議会(プラネット・ブルー) (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
おかしがおいしそう
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
屍鬼〈1〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
恐ろしいけど止まらない…
模倣犯〈上〉
模倣犯〈上〉 (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
オチがすばらしいと思う
SPONSORED LINKS