ぶくわむ

気分で書いてる読書感想blog
コメントも歓迎です。どぞー。
<< 夏期限定トロピカルパフェ事件 | main | 秋期限定栗きんとん事件・下 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
秋期限定栗きんとん事件・上
米澤 穂信
東京創元社

例えば、プリンとヨーグルトが一つずつあって、それをAとB二人がどっちを食べようか、っていう状況になったとして。
Bは本当はとってもプリンが食べたいけれど、若干遠慮した姿勢を見せてるAが大のプリン好きであることを知っている場合、
「ちょうどヨーグルトが食べたかったんだよね!」
っとか言ってプリンを譲る行為は、Bの優しさだろう。
Bは実はすこしがっかりしてるけれど、Aは嬉しそうだし、ヨーグルトも食べてみれば悪くない。

分岐にすこし遡ってみる。

Bが、Aの好みを踏まえた上で葛藤した結果自分の欲に従ってプリンを選んだら。
Aはしょんぼりする。しょんぼりしたAを見てBもなんか罪悪感でしょんぼりする。

そのチャートが予想できた場合、争いや不和を避けたがる『小市民』ならば、ひとつめの選択を取る人は少なくないと思う。
しかしまぁ、これはあくまで軽度の例である。プリンもヨーグルトもとても美味しいものであれば、結果的にどちらを選んでもわだかまりが残るようなことはないと思われる。

それでも、ひとつめの例に置いて、Bは嘘つきであると言えないだろうか?
『嘘つき』と言ってしまうと途端に卑劣なイメージがついてしまうが、実際の行動とは別の本心がある以上、やはりBは言葉通り嘘つきとなる。

しかしそういった場合の嘘は、何が『悪い』だろうか?
Aはうれしい。Bは結果的にうれしい。二人はなかよし。
言わぬが花、ということわざもある。
相手を慮って自分の気持ちを控えることは、美徳ではなかろうか?

…しかしこのケースも、もっと別の場面に当て嵌めると、Bは途端に傲慢な嘘つきに成り得るのだ。

嘘つき、というものが大罪の端になるというのはやはり、人が他人の思惑を完全に把握するのは不可能だからだ。
人は分からないものを恐れる。嘘つきを罰さなければ、嘘つきがあふれる。そうすれば、顕在しているヒトの行動や発言に、信憑性というものがなくなってしまう。それは社会の崩壊だ。
…まぁそれは、最極端な話。
そんな社会はまぁないだろう。だって、嘘をつくのって、ぶっちゃけ疲れるよね?


そんなわけで二年生の秋の小鳩くんに思うことは、お疲れ様ってことです。
その人が本当に望むことって、本当の本当に望むことって、知られる必要があるのかな?
結果がすべてでいいんじゃないかな?
『嘘はついていない』っていう基本ルールを疑いたくなるけれど、思惑や経過って、正直重要じゃなくない?


…うーん、何が言いたいのか分からなくなってきたぞ。

小鳩くんには、推理がしたい欲と、人に疎ましがられたくない望みがある。
本当は多分、名探偵小説のように、思うさま思索にふけってそれを披露し、他人に尊敬されたいって思ってる。
でも、推理をひけらかして失敗した過去から、小鳩くんは他人に自分の理想を求めるのではなく、自分を他人と同様の枠に押し込めようと努力している。
それは小佐内さんの指摘通り傲慢で自意識過剰。他人を一段下に見ている部分があるから、小市民なんて言葉を使う。自分を無意識に大市民だと思っている。
そしてそれを、彼は実に仔細に自覚している。そんな人間はとても嫌な人間だということも。

だから小鳩くんは、自分を隠す。
すこしでも他人の不快を買わないように、ささやかな嘘をついて自分を守る。

…それで小鳩くんが安心できるなら、クラスメイトに害がないなら、彼女が不快にならないなら、何が『悪い』んだろうね?

小鳩くんの望みは実は、ごくごく小市民的なのだ。
他人に嫌われたくない、疎ましがられたくないって、思わない人は、いるのかな?

さて、小佐内さんはどうなんだろう?下巻を読破するのが楽しみである。
米澤穂信 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 18:14 | - | -










トラックバック機能は終了しました。

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Other
booklog
OTHERS
RECOMMEND

ホテルカクタス
ホテルカクタス (JUGEMレビュー »)
江國 香織
シュールなカワイイ世界。
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
ビバ☆オヤジうけ…!
西洋骨董洋菓子店 (4)
西洋骨董洋菓子店 (4) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
何度も読み返したくなる
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス) (JUGEMレビュー »)
ほった ゆみ,小畑 健,梅沢 由香里
だいすき。
あめふらし
あめふらし (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
ウヅマキ商檜の三人が大好き
猫道楽
猫道楽 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
隠語だらけだけどえろい
白昼堂々
白昼堂々 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
せつない。
天体議会(プラネット・ブルー)
天体議会(プラネット・ブルー) (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
おかしがおいしそう
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
屍鬼〈1〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
恐ろしいけど止まらない…
模倣犯〈上〉
模倣犯〈上〉 (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
オチがすばらしいと思う
SPONSORED LINKS