ぶくわむ

気分で書いてる読書感想blog
コメントも歓迎です。どぞー。
<< 夜行観覧車 | main | ザ・万遊記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
永遠の0
なんというかもう、ため息ですよね。ため息を出して、自分が息を詰めていたことに気づかされるんです。

『永遠の0』とは何ぞや、というと、『0』は零戦を表しています。太平洋戦争中に使われていた日本海軍の零式戦闘機のことです。
そして本書は、その零戦を駆り特攻戦死した一人の男――主人公の祖父を追いながら戦争というものを見つめ直す話なのです。
私は南九州地方出身なので、こと特攻については、(こういう言い方が適切か分かりませんが)少々身近に感じる部分があります。要するに、平和学習でその手の資料館を見に行った経験を持っていて、ほんの少しですが予備知識があったわけです。
しかし、太平洋戦争自体に詳しくはありません。個人的な好みから、戦争が関係する本も映画もあまり触れてきていませんし、戦争体験者の話を深く聞いたこともありません。本書を読んだきっかけも、薦められて借りた、というだけのものでした。

その状態で、さて、この作品は、とても胸を打ちました。聞き慣れない単語も出てきて、所々は調べながら、或いは説明箇所をイメージしづらく、感覚的に流した場所もありましたが、それでも、深く感じ入った箇所にすべてをさらわれました。
主人公がいろんな関係者に話を聞きに行くかたちで、大体一章につき一人の話を聞くのですが、その人達それぞれが、当たり前ですが見方が違うのです(それは今日、実際に語られる意見も同様ですが)。……章を追うごとに見えてくる宮部の姿が、『永遠の0』の肝なのです。
「死にたくない、生きたい」と公言していた宮部久蔵の主張は、現代ならば当然の意見で、また大多数の意見として取られるでしょう。例えば現代の自衛官が危険な任務に着くことになったとして、このように言う自衛官がいたらこれを責める国民は少ないと思います。家族も同じ思いでしょう。
しかし、当時軍人が命を惜しむ発言をすることがどれだけ不敬に映ったか、どれだけ非難されて然ることだったか、…私には想像するしかできませんが、相当勇気のいる行為です。つまり当時は常識の感覚が今とまるで違ったんですよね。世代は違っても同じ人間だから、本能的な思いはほとんど一緒のはずなのに。

狂信的な思いじゃない、ただ一番身近な大切な人間が苦しむのが嫌。それくらいなら、自分が犠牲になってもいい。大切な人のために今自分に何か出来ることがあるならやりたい。
その気持ちは決して狂っていないはずです。

大局的には、日本は酷いことをしたのでしょう。でも、それに参加していたのは、紛れもなく私達と変わらない普通の人間だったはずです。それは戦っていた相手の国も同じく。
戦争の記憶は、年を経るごとに薄れていっています。私と同じように、ただ感覚でしか知らない、そんな人達がもっと、本書を読むべきだと思いました。
他は行作家 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 10:01 | - | -










http://vintagexx.jugem.jp/trackback/297

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PROFILE
NEW ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
Other
booklog
OTHERS
RECOMMEND

ホテルカクタス
ホテルカクタス (JUGEMレビュー »)
江國 香織
シュールなカワイイ世界。
くいもの処明楽
くいもの処明楽 (JUGEMレビュー »)
ヤマシタ トモコ
ビバ☆オヤジうけ…!
西洋骨董洋菓子店 (4)
西洋骨董洋菓子店 (4) (JUGEMレビュー »)
よしなが ふみ
何度も読み返したくなる
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス)
ヒカルの碁 (23) (ジャンプ・コミックス) (JUGEMレビュー »)
ほった ゆみ,小畑 健,梅沢 由香里
だいすき。
あめふらし
あめふらし (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
ウヅマキ商檜の三人が大好き
猫道楽
猫道楽 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
隠語だらけだけどえろい
白昼堂々
白昼堂々 (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
せつない。
天体議会(プラネット・ブルー)
天体議会(プラネット・ブルー) (JUGEMレビュー »)
長野 まゆみ
おかしがおいしそう
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
屍鬼〈1〉 (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
小野 不由美
恐ろしいけど止まらない…
模倣犯〈上〉
模倣犯〈上〉 (JUGEMレビュー »)
宮部 みゆき
オチがすばらしいと思う
SPONSORED LINKS